<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボジョレー・ヌーボー ルイ・テット 2005

b0012263_121914.jpg
師匠のところを見に行って、本日ボジョレーヌーボー解禁だったことを思い出す。
そういえば朝から新聞にも、日本のボジョレーヌーボの入荷量は異常にに多いと書いてたな。
今日だったんだな、、

ボジョレー・ヌーボー、ここしばらく飲んでないなー
帰りにかって帰ろうと思ってたら、私のコンピューターが納品されて遅くなってしまいました。
行きつけのお店に行くと、すでに閉店の準備中でバタバタと買ってきました。
買ってきたと言うより、ボジョレヌーボどれ?といって箱から取り出しただけで、、、
品定めとかしておりません、帰ってきてネットで調べて名前がわかりました。
結構、評判いいじゃん!!

久しぶりに飲んだボジョレーヌーボーは、香りがよく甘さ控えめのフレッシュなワインでした。
1杯飲んだら、熟成したワインがほしくなりました。
しかし、うちにはワインの買い置きとかないのでした。(;;)
[PR]
by tom_dom | 2005-11-18 01:02 |

村主(すぐり)原酒 1986年長期貯蔵古酒(麦)

b0012263_058294.jpg壱岐の重家酒造の村主(すぐり)原酒 1986年長期貯蔵古酒(麦)です。
一家5人で出荷までを行っている小さな蔵だそうです。
焼酎蔵には、よくある話なのでしょうか?
この86年の焼酎は、思いの外良い出来だったそうで、製品のチェックのための基本として保管してたそうです。
で、最近満足のいく製品を安定して製造できるようになったため、残っていたチェック用の古酒の販売に至ったそうです。
300mlの1000本限定だそうです。

瓶はブルーのスマートな形でコルクの栓がしてあります。
ホーロータンクでの保管なので、無色透明です。
アルコール度数は、36度です。
ストレートで飲んだ感想は、19年貯蔵の割にまろやかではない。
まあ、度数が高いせいもあるのですが、、
角の取れた、まろやかな物を想像してたのですが、結構フレッシュというかパンチがありました。
やっぱり、木樽、瓶貯蔵とは違うのですね。味も大分宮崎の麦焼酎とは、違いますね。
壱岐焼酎は、仕込に米麹を混ぜるからでしょうか?
うーーん、あまり好みの味ではありませんでした。

原酒を割るのはもったいないですが、今度水割りにして20-25度くらいで飲んでみよう。
[PR]
by tom_dom | 2005-11-18 00:58 | 焼酎